枝幸ほたて

  • 育てる漁業の象徴。
  • ホタテは地撒きによる稚貝の放流から
  • 大切に大切に育てます。
  • そのためにヒトデの駆除や
  • 海中カメラでの観測を怠りません。

4年間かけて育てる

枝幸ほたては、
育てた稚貝を海に放流し、
海底で数年成長させ、
漁獲する地撒き式。
漁場を4つに区切り、
1年毎に漁場をかえて放流し3年後、
4年貝を漁獲する「4輪採制」。

4年間の流れ

  • はじめに

    春、海中を浮遊するほたての赤ちゃんを採取。3~4cmほどの大きさになるまで1年ほどです。

  • 1年目

    ほたての外敵となるヒトデ等の駆除と海底の造成を行い、一冬越した稚貝(1年貝)を放流します。

  • 2〜3年目

    毎年生育状況や生残状況を確認・把握するために各漁場の追跡調査を行いながら、ヒトデの駆除など住みやすい環境を維持します。

  • 4年目

    4年間自然のまま海底で成長させたほたてを漁獲します。大きく育ったほたての漁獲開始を「本操業」と言います。

大切な漁場造成

流氷が去った海明けの時期に、
稚貝を撒くための
漁場内のヒトデ等外敵の駆除と
海底の造成を行なっています。
枝幸ほたての住みやすい環境を
作ることで、
より良い成長を促します。

ほたてが育つ
柔らかな漁場

枝幸の漁場は、
他の地区と比較して底質が
細砂・砂泥質。
砂場が柔らかい分、
貝殻を硬くする必要がないので、
貝殻は薄く、
その分貝柱に栄養が蓄えられます。
ほたてが砂に潜り込むため、
漁獲については、
ほたて船の船頭たちが、
漁場ごとの特徴を見極めて、
時間・方法・道具の改良に向けて
日々研究しています。

枝幸ほたて

6月から10月頃

特徴

グリコーゲンが多く含まれ
旨味甘味が強い。

漁法

桁びき網漁業

船の左右に八尺(海底を引っかき、ほたてを漁獲する道具)を設置し、
一気に海底まで沈め、桁びきと呼ばれる漁法で、
八尺をワイヤーで引っ張り、海底にいるほたてを漁獲します。